HOW DO YOU LIKE SILICON VALLEY?

たどり着いたらそこがスタート!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< アメリカ人の強さ | main |

Aptana Cloud が実感させること

普段のRubyでのコーディングに、EclipseベースのAptanaを使って久しい。Textmateの軽量&高機能も捨てがたいのだが、Aptanaを使うためにmacbookを買い替えたら、思いのほか快適で、Aptanaに常駐している。
Aptanaの利点のひとつに、ローカルでの開発環境が、彼らが提供するクラウド環境に直結している点がある。添付の動画は、PHPだが、ローカルで開発しているアプリケーションが、データベースごと、まるでリポジトリにコミットするような感覚でクラウド上にのり、スケーラブルにサービスを提供できるのが見て取れると思う



すさまじい簡単さだ。アップ後、AptanaのIDE環境の中にガジェットがあり、CPUやメモリの状況を簡単に確認できる。データベース管理も、バックアップと簡単な監視程度なら可能だ。システムやデータベースなどのチューニングの自由度には、本来ならば不満があるところだが、コスト、手軽さを比較すれば大きな不満はない。
依然、「親にも説明できるSocialmedia」なんてエントリーを書いたが、下手をすると、「うちの親にも公開できるwebサービス」とも言えないこともない。
僕は、、クラウドによって、、ついに、本当の意味でITがコモデティ化するというか、電気、ガス、水道、電車、自動車に近づくのだということを実感している。

すこし前のエントリーで「クラウドって誰が使うんだ?」と、若干的外れなことを書いてしまった。異なるレイヤーの話をひとつところでしていたのがまずかったのだが、クラウドコンピューティングは、サーバーサイドのコンピュータを徹底的にコモディティ化する流れ、という理解がただしそうだ。

さて、自分で触ってみると実感できるが、これって、「何を作るか」から、「どう作るか」「どう金をとるか」までできる「エンジニア」あるいはそういう少人数チームには、非常にすばらしい世界だが、そうでない人たちや図体の大きすぎる集団にとっては、かなり厳しい世界になるだろう
当時と比べたら、世界はずいぶん過密になったけど、馬車の時代に時速50kmではしる鉄道を目にした当時の人たちは、こんな感覚をもったのかもしれないな、などと
Technology | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









COMMUNITY
TWITTER
SPONSORED LINKS