HOW DO YOU LIKE SILICON VALLEY?

たどり着いたらそこがスタート!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< RubyOnRailsのアプリケーションがサーブレットとして動いてる | main | Aptana Cloud が実感させること >>

アメリカ人の強さ

えらい不況で,アメリカも大変だけど身近で「アメリカ人ってやっぱり(ある意味)最強」と思われる例が連続してみられたので、報告。

ひとりは、友人のだんな、Mくん。超大手国際IT企業に奥さん共々勤めてます。
2,3週間ほど前、彼らも含んだ複数家族でタホに行き、大きなタウンハウス(ベッドルームが4つもあった)をシェアして2泊しました。昼はスキースノボ(うちは子供が小さいのでそりですが)、夜は子供が寝たらワインをのみながらのモノポリー三昧、というなかなか楽しい旅立ったのですが、モノポリーにおけるMくんの戦略が、

「ほぼすべての資産を抵当にいれ、現金もぎりぎりまでけずり効果の高そうな土地に投資」

というもの。モノポリーに詳しい人なら、それなりにメジャーな戦略らしいんだけど、同じ卓の日本人がどちらかというと貯蓄に走りがちなのと対照的。もちろん現金もなく、財産も抵当に入っているということはあっという間に負けるリスクを抱え込んでいるんですが、その戦略にサイコロ運もくわわって、最終的にはかれの圧勝でした。

日本の母にこの話題をしたら「アメリカ人のそれが破綻して、世界中が迷惑してるんじゃない」。たしかにごもっとも。。

もうひとつは、トムというおじさん

アメリカに来た頃に、ゴルフでも始めようと友達からゴルフクラブを一式買ったんだけど、2年半におよんでほぼタンスの肥やし(上記M君と二回、練習にいっただけ)になっていたのだ、ついにcraigslistに出して売ることにしました。

で、買いにきたのが、トムというおっさん。白人の年齢はよみにくいけど、50前後という感じの普通のおじさんです。彼いわく、

「いやー、一ヶ月前にレイオフされてねー。暇だから、人生初のゴルフを初めて見ようと思ってね」

とのこと。なんと子供もいるとかで、おまけにつけてあげた子供用ゴルフクラブをたいそうよろこんでました。

いや、たぶん一定期間食いつなげる資産や家はある人なんだろう。それが今から2ヶ月もつのか、6ヶ月なのか、わからない。中古のクラブで始めようとしていることから、すごい裕福な訳はないはず。でも、日本人で40代後半で、レイオフされて、一ヶ月。大金持ちでもない。そしたら、絶対こんなに前向きじゃないはず

最近の、ほんの1週間程度という非常な短期間のうちに、僕はMくんからは、「前向きなリスクテイキングの姿勢」、トムからは「前向きな消費の姿勢」を連続して見せられた。「リスクをとった活発な投資」と「やめられない消費」って、結局経済の根幹だ。うちの母のぼやきももっとなんだけど、これがアメリカ人の個人にしみついたものだとすれば、今回の大破綻で、あからさまな「新自由主義」的な部分は減るかもしれないけど、それはせいぜい程度の問題で終わる気がする。

もちろん、身近であったことで、統計までとってどう、ということではない。反例だっていくらでもあると思う。ただ、このふたつがアメリカ人にしみついているということは、アメリカはかわらない。そして多分,強い、となんとなく思ったのでした。

あくまで個人的な、僕の身の回りのことですが、日本人は、見習わないまでも、まあ何かの示唆はあるんじゃないかな、と、投稿しました
Life | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









COMMUNITY
TWITTER
SPONSORED LINKS