HOW DO YOU LIKE SILICON VALLEY?

たどり着いたらそこがスタート!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Supermarket 2.0 | main | SocialFeed Open Beta! >>

SFBETA Geek Sessions Ruby on Rails: To Scale or Not to Scale

久々の更新。SFBETAが主体の GeekSession に参加してきた。テーマは、Ruby on Rails: To Scale or Not to Scale。かなり盛況。パネリストに、TwitterのJeremy LaTrasseがいたりで面白い。内容もなかなか良かった。みんな、Railsで本気でスケーラブルなサービスを作っているのだが、やっぱり「Rubyは遅い」「Railsは遅い」というのが基本認識。もちろん、「遅い」という欠点を、それ以外の長所がしのいでいれば、問題の山を切り開いて、自分たちで開拓する気満々なのがベイエリア的だ。

顕著な話は、Pivotal Labsの事例。
Railsで作ったサービスのパフォーマンスをあげるために、APPキャッシュ、モデルキャッシュなど、Railsで出来るすべての手を尽くしたが、1サーバにつき「秒間150PV」しか達成できなかった。結局、ページキャッシュを利用したところは1サーバー「秒間3500PV」を達成。もちろん静的キャッシュに近いページキャッシュは適用できる場所が限定される。が、本気で探すと、意外に適用できるところが多い、とのこと。

パネルの後、(最後まではいなかったが)夕ご飯を食べながら何人かと話す。話した人たちのかなり多くが、「まだ既存のサービスや製品があるから完全にはJAVAからRubyに移行できてない。でも、新しく作るものは絶対Ruby」と断言するのが面白かった。かく言う僕もそういうシチュエーションだ。まつもとゆきひろさんが言っていた、RubyのLove/Hate Ratioを思い出した。

さて、更新が滞った理由。
こちら、製品新バージョン の開発が佳境だからです。2001年から、飛び石とはいえ足掛け6年も開発リーダーをしているこの製品ですが、今回のバージョンアップは、6年でそう何度もはない手ごたえを感じてます。internationalに開発してるので、関係者の半分近くが読めないと思うけど、あと少しみんながんばりましょう。僕もがんばります。

それから、シリコンバレーに渡る前からひとりではじめ、こちらに来てからメインで開発していたプロジェクトが、リアルコムインキュベーション第一弾という形で日の目を見そうです。もうある程度は出来上がってきてるプロジェクトなのですが、新しく米国用に特許を書いたり、こちらもあわただしい。

というわけで更新できなかったわけだが、慶応の岡崎君、斉藤君。ブログ上でお礼を書くと4月に言っといて、今になっちゃった。心のこもった贈り物をどうもありがとうございました。ベイエリアは日本のものがほとんど手に入るけど、ほんとにおいしいものは全然ないのだ。ほんとにありがとー。最後は私信でした。
Technology | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

Pivotal Labsに勤務中です。
Ruby on Railsはスタートアップの会社にぴったりだと思います。スケーリンが必要になる頃までスターツアップの会社が生延びる保証はないですよね(笑)。。
個人的にはひそかにJRubyに期待しております。
ishikura | 2007/06/13 3:08 PM
ishikuraさん。コメントありがとうございます。

>Ruby on Railsはスタートアップの会社にぴったりだと思います

そうですね。プログラマー、DBA、WEBデザイナーの最小三人ユニットだけで、相当のものを作れます。
実際、Socialfeedも、プログラマーは僕一人。デザイナー、DBAも(まだ専属ではないバーチャルチームですが)それぞれひとりずつです。着想とプロトタイピングを入れると実は2年近いですが、今動いているもののコーディング期間は3ヶ月にも満たない。これはRuby & Railsでなければ実現していません。

今後、高いAgile性とハイエンド性を兼ね備えた言語が出てくることに期待はありますが、Google、Flickr、Diggといった「2.0」系のビッグサービスのほぼすべてPythonやPHPといったスクリプト系の言語で動いていると聞くと、言語という意味ではほとんど出揃っているのではないかな、と僕は思っています。実際にスケールしているシステムは、ファイル、データベース、HTTPサーバ、ファイアウォール、ロードバランサーなどなど無数の要素で構成されていて、アプリケーションプログラムなんてほんの一部の要素に過ぎませんからね

次の変化があるとすると、Rubyが回帰しようとしている原点へのバックワードが進み、Lisp、Smalltalkなどが復権すると僕は予想してます。Lisp(もしくはそれに限りなく似た何か)で書かれたソフトウェアや(Web?)サービスが世界を席巻する、ってことが起きるとまじで思いますよ。
Yuuki | 2007/06/17 7:04 AM
コメントする









COMMUNITY
TWITTER
SPONSORED LINKS