HOW DO YOU LIKE SILICON VALLEY?

たどり着いたらそこがスタート!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< まつもとゆきひろさんに会った | main | 感動とクリエイティブさ >>

Realcom Way 2007

「会社が成長しても親密でフェアな小企業のような雰囲気を守るために、社員全員に経営スタイルと目標をよく知ってもらうことが必要である。」HPの創業者はそう言って、会社の理念であるHPWayと社員の行動規範にあたるRules of the Garageを作った。シリコンバレーだろうが日本の会社だろうが、社員の行動規範、ルールを浸透させることは非常に重要だ。僕が所属しているリアルコムは、リアルコムウェイ2007と称して去年の終わりごろから今年の初めにかけて社員数名が集まり(僕も米国からSkypeで参加させてもらった)自分たちの「Way」であるリアルコムウェイを作った。

ちょうど先週末、2月17日から18日にLos Angelesで、米国に留学している日本人学生を対象にしたJob Fairがあり、CTO竹内といっしょに参加し、セミナーとインタビュー漬けの2日間を送った。そのセミナーにおいて、まだ社内でも発表されてホヤホヤのリアルコムウェイ2007を使ってみた。

結果は・・・超、好感触。「すべての項目に共感できる!」という方もいた。日本人学生といってもそこはアメリカの大学。新卒ばかりではなく、半分は日本などで社会人経験のある方たちだった。僕自身、このホヤホヤのリアルコムウェイを非常に気に入っているので、会社や仕事の現実と理想のハザマをよく知っているそういう方たちにもそう感じてもらえるのは非常にうれしい。以下、セミナーの時につけたリアルコムウェイに対する「僕流」も交えた解釈と説明です。

パッション!×スピード!
何事にもまず情熱。そしてスピード感とSense Of Urgencyを兼ね備えた実行力が重要。僕らならではのプロフェッショナリズムの表現。

常にフロンティアを目指せ!
毎日毎日、すこしづつ自分を「壊す」。壊すことは変化であり、ひとつひとつの変化は進化につながるトライアルになる。エンジニアだったら、昨日より少し勉強する。少し違う考えをしてみる。新しい技術を知ってみる。扱っている製品をよくしてみる。そういうことの毎日の積みかさね積みかさねで、自分も集団もハイレベルの最先端にいられる、というのが僕の説明。
ちなみに、「進化は少し壊すことから」は、ちょうどこの2日前にStanfordのSeitaさんとランチを一緒に食べた時に、「生命の進化」について彼からふともれてきたフレーズ。非常に気に入ったので使わせてもらった。

「満足」を超えろ!「感動」を生み出せ!
お客さんやユーザーを[満足」させることで満足してちゃだめ。その先の「感動」まで目指そうよ、ということ。リアルコムウェイにおける[顧客第一主義」の表現。

ONE for Team, Team for One
チームプレイについて。「日本企業がチームプレイ、というとき、どうしても出る杭を打つという風潮に流れることが少なくない。でも、そういうチームプレイじゃ、3人集まってもせいぜい1.5人分の力しか出せない。僕らが理想とするチームプレイは、3人集まれば9人分、27人分、81人分(<=これは多すぎか)の力になるチームプレイです」というのが僕の説明。

エンジョイ!
この項目以前のすべての「ウェイ」を、常に楽しんで実現していこう。現実の仕事だから、火を噴いて徹夜続きも、誰かにこっぴどく叱られることも、ひどい失敗や、うまくいかないこともあるけど、そういうのも全部「エンジョイ」する心構えで行こう、と思ってる。


僕はリアルコムウェイが、パッションで始まり、エンジョイで終わるのがとても気に入っている。約9ヶ月前、僕が生活経験も留学経験もない米国にたったひとりで仕事し始めたとき「孤独もホームシックも挫折感も全部エンジョイ!」と、さわやかな一言をうちのCEO谷本にもらった。おかげで全部「エンジョイ」できた。楽なとき楽しいときは当たり前だが、土壇場やどん底で「エンジョイ!」出来るということはものすごい強さになる。生きてる限り何もかも、死すらもエンジョイしたいものだ。

営業、コンサル、テクノロジーと、全職種の社員が集まって作ったこのリアルコムウェイ。参加した僕などはハナから洗脳されているのだが、僕自身、転職するならこれがある会社に行きたいし、自分で会社をやるにしてもこういうものが欲しいと思う。これから組織に入ってくる人は全員このリアルコムウェイに共感した人であってほしいし、もともといた人たちは自分の分野や人生観と照らし合わせて、自分流の解釈で行動規範にしてほしい。天才猿飛佐助が続々生まれる組織に近づくと思う。

しかし・・・いくら気に入ってるとは言え、ちょっと「暑苦しい」リアルコムウェイ。朝の一回目(9時ごろ)は二日とも、どうも説明がぎこちなかったよ・・・

Realcom | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









COMMUNITY
TWITTER
SPONSORED LINKS