HOW DO YOU LIKE SILICON VALLEY?

たどり着いたらそこがスタート!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< Ruby On Rails というエクスペリエンス | main | あけましておめでとうございます >>

The Biggest Web Trend of 2007 Will Be...

年末にRead/Write Web(以下RWW)で、The Biggest Web Trend of 2007 Will Be...という投票をやってるのを見つけた。2007年、WEBの世界でどんなトレンドが主流を占めるか、RWWがピックアップしたものに読者が投票するというもの。結果は以下。
1. Online Video / Internet TV 27% (337 votes)
2. Continued rise of browser-based apps (Ajax, Google, etc) 22% (275 votes)
3. Mobile Web 15% (185 votes)
4. RSS and structured data 12% (153 votes)
5. Rich Internet Apps (Apollo, WPF, etc) 9% (116 votes)
6. Web Office / Enterprise web apps 6% (77 votes)
7. Semantic Web 6% (75 votes)
8. Other (please comment) 1% (17 votes)

特に興味があるものについてコメントしてみます。

リッチクライアントへの流れ
2. Continued rise of browser-based apps (Ajax, Google, etc) 22% (275 votes)
5. Rich Internet Apps (Apollo, WPF, etc) 9% (116 votes)

この投票では、Ajaxなどのブラウザー上で動く技術と、Adobe Apolloのようなオフラインでも動く技術を別に扱っている。が、この二つをあわせると実は31%。一位だ。さらに、コンピューター業界古参の方々の多くは、ことUIに関していえば「WEBになってからこそが失わなわれた10年」であり、「Ajaxでリッチなクライアント?何をいまさら」と言う。80年代に「パーソナルコンピューター」の爆発の大きな要素がやはりインターフェースだったことを思うと、WEBアプリの利点を保持しつつ、欠点を修正したリッチ化のトレンドは止められないものだと思う。

「エンタープライズ2.0」
6. Web Office / Enterprise web apps 6% (77 votes)

Read/WriteWebは「2.0」という言い方はしていないが、トレンドとしては同じことを言っており、そこには二つの局面があると言っている。ひとつは、Google VS Microsoft が注目の「ブラウザーで使うOffice」のような、アプリケーション自体の変化。もうひとつは、僕もこのブログで去年書いた、「エンタープライズのコンシューマー化」というトレンドだ。仕事、個人的興味の両面から、この話の最新動向はチェックして行こうと思っている。

RSSとセマンティックWEB
4. RSS and structured data 12% (153 votes)
7. Semantic Web 6% (75 votes)

VistaやIE7のリリース後、RSSが来る、来る、来るといわれて久しい。僕も当然RSSは「来る」と考えているが、ちまたに言われている、IE7 イコール RSS爆発説にはまだ疑問を持っている。もちろん、多くのユーザーが「RSSを読むクライアントを自動的に手にする」のは、RSS爆発の大きな必要条件であり、そのリリースは大きなチャンスだ。が、それだけでは条件は50%だと思うのだ。
・ユーザーがHTML、メールに加えてRSSを日常的に利用するに値する理由はなんなのか?
・必ず起こるであろう情報の氾濫を解決する手段は?
・そもそもRSSで何を読むのか?
という基本に立ち返って見るべきだと思う。結局、RSSで読めるのがニュースとブログと一部のWEBサイトの更新情報だけでは「爆発」には至らない。供給側ももっとリッチになる必要があるが、「1.0」時代と違って「供給側」はどこかひとつの大きなサイトというわけではないはずで、ゆえに何が起こるか非常に予測しにくい。そもそも90年代から存在するRSSがここ2,3年で注目されたのは、特にブログが人気になり供給側が一気にリッチになったからで、僕としては次の変化は、RSSの加工のしやすさと、(たとえばPodcastのような見た目のまるで違うものへの)応用のしやすさがキーになると感じている。

もうひとつがセマンティックWEBだ。まだちょっと漠然としすぎている気もするが、WEBに意味や構造を与えるMicroformatや、意味付きデータをシンプルに配信するRSS/Atomのようなものが、「意味」を理解しない検索エンジン、つまりGoogleを蹴落とすキラーテクノロジーだとはずっと言われていることだ。今年こそGoogle帝国に凋落の兆しが見られるのか、個人的にも大注目だったりする
Technology | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









COMMUNITY
TWITTER
SPONSORED LINKS